俺様なソマリのアンディ 天使になったよ☆
突然の宣告で。。。
2015年05月29日 (金) | 編集 |




2005年1月15日の日記

昨日からあまり元気が無い。

病院へ連れて行く。

この頃かよっていた病院は
診察室で見てもらうパターンじゃなく、
奥に連れて行かれて診察されるので
飼い主は何も分からないの。
待合室でずーっと待っているだけなんです。

とても不安になります。


そして待合室に先生がきて

脱水症状を起こしているらしいので

すぐに点滴を開始しますといわれました。



その後、血液検査をしたら、
ヘマトクリットが10%になっているとのことでした。

ふつうは40%
アンディは以前は50%ありました。
(サヨタマ手術のときあたり)

15%を切ると輸血が必要なのだそうです。

点滴するとまた血が薄くなるので
点滴すぐに中止!


そしてすぐに輸血に切り替え、原因を調べてもらいました。



しかし、原因が分からない。



骨髄を取って病理検査に出すことになるよう。



でも、赤血球の数が増えないとそれは出来ないとのことで、
明日の朝、容態をみてするかしないか決めるようです。




獣医の先生から、いろんな話をされました。

腫瘍とも、腎不全とも、白血病でもなく、
今はなんともいえないが、


非常に厳しい状態です。

覚悟をしてくださいと。。。




そんな話を突然されて、
気持ちが悪くなり立っていられなくなりました



椅子を持ってきてもらって座ったとたん


声を上げて泣きじゃくりました
がんばっても涙が止まりませんでした。




待合室に戻り、旦那も私も目が赤いまま



まだ1歳半だよ
早すぎるよ。。。



神様お願いします。

アンディを助けてください。




1月16日の日記



手術で骨髄を取ることが出来ました。

でも、結果は1週間後です。



輸血によって24%まで赤血球が回復したが、
手術をしたので17%まで落ちました。


でも輸血までは必要ないので、
いったん家に帰ってこれました。



アンディがんばったね。

でも、まだまだ油断はできません。




1月17日

今日はちょっぴり元気です。

動き回ってるし、一緒に寝てくれました。

朝方ですが。。。


このまま元気になってくれないかな?



1月18日は

ちょっと元気だったのか
写真を撮ってたのでアップします




右手は点滴の為に最初に毛刈りされた

首の包帯は
おそらく血を抜いた痕


手術後1


お膝ニャンで寝ている

いままでしてくれたこと無かったので

やっぱり具合が悪いんだと思った頃



手術後2



左のお尻辺りに毛刈りされてるのは
骨髄をここから採取したから



そして

お膝ニャンしながらも

猫じゃらしで遊ぼうとしているアンディ


手術後3

ちょっと元気になったきがして

嬉しかったな♪



続く。。。




☆ランキング参加中☆




にほんブログ村 猫ブログ ソマリへ blogram投票ボタン
天使なアンディにポチポチッと応援おねがいします♪
テーマ:ねこ大好き
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
目頭がツンときました・・・

お膝で無邪気にじゃれるアン君がいじらしいわ(/_;)
2015/05/29(Fri) 17:15 | URL  | Mhaha #LkZag.iM[ 編集]
突然そんな宣告されたなんて
言葉では言い表せないほどショックでしたね。

まだダルそうなのに
遊ぼうとしている姿に
涙が出そうになりました。
2015/05/29(Fri) 17:53 | URL  | あんずミャミャ #-[ 編集]
こんなことを宣告されたら
泣き崩れちゃいますよね
しかもまだ小さいときだし・・・
2015/05/29(Fri) 20:34 | URL  | chiffon-p #bi5J7TT.[ 編集]
ドキドキして読みました。
いったいどうなっちゃうんだろう、って
とにかく不安な日々でしたよね。
アンディくん自身も不安で、お膝に居たのよね。
2015/05/29(Fri) 21:08 | URL  | ここちゃこ #wVRCwILk[ 編集]
突然宣告されて
とてもお辛かったでしょう
それも、まだ小さい時に・・・
おひざの上で寝ているアンディ君
アンディ君も小さいからだで
いろいろな検査をよくがんばりましたね。
2015/05/30(Sat) 09:47 | URL  | だっちゅ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック